かつログ

日本初、体質改善する骨格・姿勢のアートデザイナ〜♪

*

お酒と薬は危険!?その本当の理由を知って健康になろう!

      2016/09/03

 

1

 

お酒と薬の危険性を理解する!

本当に酒は百薬の長なのか!?

「酒は百薬の長」と言われていますが、その後があるのです!

「酒は百薬の長・・・、されど万病の元」

今回のブログは、お酒と薬の関係について調べてみました!
 アルコールの飲用は血行促進やストレスの解消などの精神的作用がありますね・・・。

毎日の常飲や飲み過ぎは、生活習慣病を促進させたり、急性アルコール中毒性や痛風や糖尿病等の原因でもあるのです。

中庸というか、ほどほどが一番良いと言うことです・・・。

(ほどほど=人間関係に似てますね?笑)

お酒とほど良いお付き合いをして、制限なく快適で健康な暮らしを楽しみましょう。

お酒と薬の関係って!?

「薬を飲んだ時は、お酒は飲まない方が良い!」って、お母さんが言ってませんでしたか?

僕の母親は、現役の看護師ですが、僕が飲酒をするようになってから口うるさく言っています・・・。

その名は「繁子さん」

今でも口うるさく言いますよ!!

ちょっとくらい大丈夫?って甘くない!?

「ちょっとくらいなら、大丈夫じゃない?」「お酒飲んじゃったよ・・。あっ、薬を飲むの忘れていたよ・・・。まぁ、良いか!」「まっ、そんなに飲んでないから、ちょっとくらいなら良いか!!」なんて自己判断してませんか!?

何でお酒と薬はダメなの!?

ちゃんとした理由を知っていますか?

ダメな理由を、正確に知っておくことが大切です。

アルコールが分解されるのは肝臓です。

薬も同じ様に、肝臓で分解されます。

肝臓に負担がかかる?

薬を飲んでからお酒を飲むと、肝臓に2重に負担をかけることになります。

薬とお酒を一緒に飲むと、体に対して長時間にわたり薬の影響が残り、薬やその症状によっては、あなたの命に関わる事態も起こり得ます!

これはとても危険です!!

それ以外でも、お酒のアルコールが分解されずに、いつもより悪酔いすることも考えられます!

上記の理由から、お酒と薬を一緒に飲むのは良くないのです!

 

もう治らないと諦める前に「Happy Jewel.N」
参考に薬のことを知ろう!

降圧剤(高血圧)の薬
アルコールには血管を拡張し血流を良くする効果があり、血圧を下げる働きもある。
しかし、血圧降下剤とあわせると血圧が下がりすぎ、脳貧血やめまいを起こすことが考えられます。
精神安定の薬(精神安定剤)
アルコールと同様に、脳神経の興奮を抑える薬。効き過ぎると、昏睡して意識を失ったりするのでとても危険です。場合によっては死に至ることも・・・。絶対に禁止です!
せき止め薬
アルコールと同様に、眠気が・・・。
せきの反射神経を抑制する薬は眠くなることがあるため、抗ヒスタミン薬と同様に、「異様に眠く」なることもある。

 

糖尿病薬

薬の効能として、糖の分解を促進して、低血糖を起こすもの、アルコールが分解せずに酔いが強くでる事がある。
睡眠薬
アルコールと同様に、脳神経の興奮を抑える薬なので、効き過ぎる危険性がある。
バルビツール系の睡眠薬は、肝臓で分解を担当するところがアルコールと同じため、分解が遅くなって大変危険です。要注意!

皆さんの健康を心よりお祈りしています!

ではまた!

日々の健康に関する情報を無料で配信しています!

健康になりたい人は!?

↓↓↓

メルマガ登録はコチラ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2015-01-05 11.30.40

以前は、高齢者福祉施設のケアマネジャーをしていました。
仕事柄、「腰痛・肩こり」に悩んでいました。
整形外科、接骨院、鍼灸、マッサージ、整体、色々通いました。
しかし、症状は悪化するばかりでした・・・。誰に聞いても原因不明。
「治療は受けているのに何故、症状が改善しないのだろう?」と不思議に思っていました。
米国の予防医学を推奨するカイロの治療院へ行きました。
そうすると、酷い「肩こり・腰痛」がウソのように【完治】したのです。
自分の体験から、「健康になりましょうブログ」を更新しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 - アルコール, 健康, 日々の暮らし , , , ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

images (46)
ダニのアレルギー!パンケーキシンドロームの予防方法を知る!

  重症アレルギーについて! 重症なアレルギー疾患の約9割はダニが原因 …

2014-04-28-11.09.40-500x375-150x150
肩こり、腰痛を自分で治せたら?予防医学のカイロスクールで何を学ぶか?

  日本初、体質改善する、骨格・姿勢のアートデザイナーの桂島昇です! …

2015-05-15-11.05.47-150x150
献血ルームでボランティア活動を10年続ける事ができる理由とは?

  日本初、骨格・姿勢のアートデザイナーの桂島昇です。 普段は、東京練 …

images (17) (259x140)
フランス出張中、だんだん顔が・・・。桂島の顔が大変な事に・・・。ショック・・・。

    こんにちは、桂島です。 海外で気を付けていた事があり …

20130714_125721
1日整体スクールin 埼玉~♪開催しました~♪

  こんにちは! カイロの桂島です。 桂島の好きな「トーマス・エジソン …

2015-06-25-22.22.38-HDR-2-150x150
本場のアカスリ体験!韓国で地下鉄に乗って龍山へ行った理由とは?その1

  先日、韓国へ出張してきた、日本初、体質改善する、骨格姿勢のアートデ …

images (1)
ストレスから重症になってしまうメニエール病を予防するには!?

最近、ストレスを感じていませんか? 現代社会は、ストレス社会です! 今回のブログ …

ダチョウ倶楽部風~♪
何故か!?自然にダチョウ倶楽部になる写真とは?

  こんにちは! 桂島昇です。 良い写真撮ってますか? 最近、笑ってい …

images (36)
夏風邪が下痢や腹痛を伴う原因とは?

  皆さん、暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか? 今回は、夏 …

images (1)
慢性頭痛の原因を説明します!今すぐ原因を知って予防するには!?

  今すぐ慢性頭痛の原因を知って予防する事は!? 最近寒暖の差がある日 …